腰痛を解消・予防するには

>

腰痛の主な原因

整体や鍼灸の場合

整体
腰痛を治すために整体の施術を受ける方は多いです。そのため、腰痛専門の整体院も存在します。
整体院では施術の前にカウンセリングや検査を行ってくれるところが多いので、自分の身体の状態にあった施術を受けられます。それによって自分自身に合った腰痛対策方法を知ることができ、数日間腰痛が改善する可能性が見込めます。

鍼灸
腰痛の中で多いのは、筋筋膜性腰痛症という症状で鍼灸の治療が適していると考えられています。急性筋筋膜性腰痛は、腰を動かすと痛い、腰を動かせないほど痛い、などの症状がみられます。また、この中にはぎっくり腰も含まれます。このような症状に対して、痛みに対して鍼を刺す方法や置鍼などで治療を行います。

このように、整体や鍼灸では腰痛を確実に完治できるわけではありませんが、症状を緩和させることができるのです。

病院の場合

腰痛の原因は様々であるということはお話ししましたが、ただの腰痛だと思っていたら重大な病気だったということもあります。
そういったことを防ぐためにも、異常を感じたら病院を受診することも大切です。
しかし、何も知らずにその症状を見極めるのは難しいです。そのため、ここでは病院を受診した方が良い症状にはどのようなものがあるのか、紹介していきます。

1.痛みにしびれや麻痺が伴う
こういった症状は、椎間板ヘルニアや神経系の病気の可能性もあります。
これらの病気は治療に時間がかかるため、早めの受診が必要です。

2.熱がでている
腰の痛みだけではなく発熱を伴っている場合は、急性腹膜炎などの重大な病気の可能性があります。

腰痛だけでなく、こういった症状が見られたり我慢できないほどの痛みを感じる場合は早急に病院を受診した方がいいでしょう。


TOPへ戻る